ブログ BLOG


 2020年10年10 日

トリートメントカラーか?海藻の詩か?ストレスが少ないホームケアカラーリングはどっち?

こんにちは!ヘアーワーク新宿店です!

今日はホームケアでのカラーリングの際にオススメのアイテムをご紹介致します!!

ご自宅でトリートメントカラーを利用されている方が多いと思います。
でも、トリートメントカラーって全部同じなの?
色以外で何か違いがあるの?

そんな声をよく聞きます。

基本的に、トリートメントカラーとは、毛髪の外側にイオン結合によって染着する、「塩基性染料」とよばれる染料と、キューティクルの隙間から毛髪内部まで浸透して染着する「HC染料」の両方を使用し、トリートメントをする度に少しずつ染まるようになっています。

かぶれの原因になる酸化染料や、アルカリ剤を使用していないので、頭皮や髪の毛にダメージがなく、気軽に染められる印象ですね!

ちなみに、マニキュアは酸性染料というものを使用しているので、ダメージはありませんが、頭皮に付着するとなかなか取れず、シミのようになってしまうため、根本からがっつり塗布できないのが悩みの種です。

ダメージがないトリートメントカラーですが、ご自宅で使っているトリートメントカラーって色落ち、早くないですか?
染まりますか?

気軽にできるのはいいけれど、染まらない・・・・そんな声が多いのが実情のようです。

そこで、そんな悩みを解決し、使う度に保湿され、段違いにツヤが増す、トリートメントカラーがあります!

最近注目度急上昇の「海藻の詩」です!

この、海藻の詩は、先ほどの毛髪内部に浸透させて染色する「HC染料」のみを使用しており、しっかりと一度で色を入れる事が可能なトリートメントカラーです。
新たに生えてきた白髪を染めるのはもちろんのこと、褪色し、傷んだ毛先にも色を着色させながら、毛髪保護成分のヒアルロン酸などが髪の毛を保護していきます。
色が抜けた後のパサつき、気になりませんか?

・白髪が気になる部分を一度で染める
・トリートメントの代わりに使い、徐々に白髪を染める
・褪色してしまった髪に使って色味をプラスする

場面によって使いわける事ができます☆

特に深く色味を入れたい人にオススメの、ヘナ入りのトリートメントカラー、「ヘナブレンド」は、100%天然ヘナを配合し、色持ちも抜群です☆

どうせ染めるなら色持ち&髪ツヤUPの、海の詩にしませんか?

~この記事の著者~

ヘアーワーク 新宿店